日本から「お金」が消える日

急な出費によりお金の融資を申込む場合、自分はいくら借りる事が出来るのかと言う情報は、誰でも知りたい事です。そこでこの情報を知る方法として、総量規制についてご紹介します。借金をしたことがある人にとっては知っている言葉ですが、初めて申込む人にとっては馴染みのない言葉です。

 

この総量規制というのは貸金業法の一つで、融資上限額を定めた法律です。消費者金融から融資を受ける上限額はこの規制により、年収の3分の1までと決められています。よって自分の年収から計算する事により、借り入れできる金額がわかるのです。

 

総量規制が対称となるものは、消費者金融だけでなく、クレジットカードも対象となります。すでにこれらの融資を受けている人は、これらの借入額を差し引いた金額が融資額になります。まだ受けた事がない人は、そのまま年収の3分の1が融資上限額なのです。

 

しかし銀行のカードローンは、この総量規制の対象外なのです。よって規制により消費者金融から融資を受けられない人は、銀行カードローンに申込む事は出来るのです。融資金額の枠を決めるのは金融会社ですが、この規制を知ることで、借金をする時の自分の申込み先を決める事が出来ます。

 

プロミス審査申込み前の最終チェック項目

続きを読む≫ 2014/04/29 18:33:29

金融総量規制とは、個人の借入総額が年収の3分の1まで制限される仕組みのことで、個人がお金を借り入れる個人向け貸付けが対象となります。個人向け保証や個人が事業用として借り入れる場合は、金融総量規制の対象から外れます。

 

年収の3分の1を超える借入れがあったとしても、すぐに返済を求められることはないものの、貸金業者から新たなお金の借入れはできなくなります。借入総額が年収の3分の1を超えていたとしても、行政処分を受けたり刑罰を科されたりすることはないです。

 

借入総額が年収の3分の1を超えているか否かについては、貸金業者は指定情報機関からの情報を入手し、他の貸金業者からの借入れがどの位あるのかを調べます。新たな借入れをする際には、1社からの借入総額が50万円を超え、


或いは他の貸金業者の分を含め100万円を超える場合には、収入を証明する書面の提出を行うことが義務付けられています。金融総量規制の基準となる年収は、給与の他に定期的に受領する不動産の賃貸収入や年間の事業所得などが該当します。

 

来店不要 即日融資

続きを読む≫ 2014/04/29 18:33:29

総量規制というのは、貸金業者に対して年収の3分の1を超える貸付を規制するものです。この規制によるカードローンへの影響は大きなものがあります。それは貸付限度額です。利用者は自分の年収は分かっているので、利用可能額もわかるのです。

 

 この制約により、高額な借入はよほど高収入の人でなければ利用することができなくなったのです。年収600万円で200万円までで、さらに既存の利用額があればそれも差し引く必要がありますので、限度額には限りがあります。

 

 しかし、この総量規制にも思わぬ落とし穴があるのです。それは銀行です。総量規制というのは、貸金業法の中で出てくるものです。ここでいう貸金業法というのは、銀行は含まれていないのです。つまり、銀行なら高額融資も期待できるのです。

 

 ですので、カードローン利用者にとって、銀行は憧れの商品なのです。金利も低め、借入限度額も大きく、銀行というブランドがあるので、安心して利用することができるものとされています。その分審査は厳しいものとなりますが、挑戦する価値ありの商品です。

 

キャッシング今すぐ情報マネ蔵

続きを読む≫ 2014/04/29 18:33:29

総量規制対象外のカードローンとは、簡単に言い表すと、銀行のカードローンです。総量規制については、平成22年の貸金業法の改正により施行されましたが、この内容は年収の3分の1以上の借入はできない定めになっているのです。

 

 ただし、これは先程も述べましたように、貸金業法です。銀行は銀行法という法律に基づいて運営されているのです。ですので、銀行は総量規制の制約は受けないということになるのです。あくまでも対象は銀行以外の金融機関です。

 

 ですので、銀行の場合は年収の確認作業は義務ではありませんので、借入額が小額の場合には、収入証明書の提出を不要とする銀行もあります。50万、100万など制限はありますが、この範囲内の利用なら提出不要とする銀行もあります。

 

 このことは、審査が決して甘くなったということではないのです。審査に関しては銀行は厳しく行います。特に他社借入状況や年収については、本当に返済能力があるかどうか厳しく追求しますので、簡単に利用できると思わないことです。

 

キャッシング審査の比較ラッコ

続きを読む≫ 2014/04/29 18:33:29

総量規制の導入により、消費者金融、クレジットカード会社、信販会社、事業者金融などの貸金業者は、個人への貸付に対して年収の3分の1以内という制限があります。その年収の確認のために年収証明する書類の提示が必要になります。

 

キャッシングの申込をするときに、必ず収入証明書類が必要なのではなく、提示には一定の要件があります。契約する限度額が50万円以上の場合です。または、他社の金融機関での債務額の合計が100万円を超える場合です。

 

収入証明書類として認められる書類には、源泉徴収票、給与明細書、確定申告書、所得証明書、納税証明書などが年収を確認する書類として認められます。収入証明書類の有効期限は3年間です。3年経過後は再度提出になります。

 

収入証明は、必ず最新年度分が必要になります。源泉徴収票であれば、現在平成25年なら平成24年が最新年になります。給与明細書の場合は、最新2ヶ月分になります。現在11月なら、10月と9月分が必要になります。

 

おまとめローン まず通る審査をチェックナビ

続きを読む≫ 2014/04/29 18:33:29